スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    06/30/2010
このところ体がぼろぼろで朝晩うごけなくなる。

仕事料の単価をあげると、そりゃ仕事が減るよなーと思う点、
それで仕事量が減るなら、そのほうが他の作業も出来るだろうと思う点、
仕事量が減ると充実感も失うのではないか、という恐れがある点、
しかし何より、いい仕事がしたいんであって、身を壊してはいい仕事が出来ないという点、

そんなフリーのジレンマです。
このループをどうにかしないと自分の作品が作れないという状況が続いている…



20年ほど前、デジカメが隆盛しはじめた頃、
昔ながらのスタジオ写真撮影や現像をしていた祖父が生前、
小学生だった自分に
「目に見えないもの、サービスと技術にお金を払ってもらうんだ」
ということを誇らしげに言っていたのを思い出す。

目に見えないものと、それを受け取れる人のことと、
ひとからの評価というものを、もっと信用しないといけないのだろうなあと感じた。
自分の中で確かめることだけでもう精一杯で、けっこう勇気が必要だ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。